過払い請求したいけど、デメリットは?

今、テレビコマーシャルで、良くみかけるものがあります。

「私も納得して借りたから、今更過払い請求なんて、できない」という内容のものです。確かに、借入をする時は説明されたこと、あるいは書面でもらったものを納得して借入していました。そういう人達って、多いと思います。

その時は、借入ができるというだけで、嬉しくて利率まで詳しく確認していなかったのではないでしょうか。その時の心理状態としては、借入ができただけでほっとし安心してしまいます。

ところが、よく契約内容を確認すると、利率が今は禁止されている、出資法の上限の29.2%に近い利率となっている場合があるのです。契約書というものは、字も細かくてとても見やすいといえるようなものではありません。

利息制限法では、借入金額が10万円未満なら20%以内、10万円を超え100万円未満では18%、100万円を超えても15%が上限となっています。現在では利息制限法が適用されていますので、過去に出資法で29.2%の利率で支払った分との差額は過払い金となります。

要するに、支払い過ぎた利息ということですね。この分を返還してもらうことを過払い金請求といいます。

この出資法の上限を超えると処罰の対象となりますが、利息制限法の上限の20%を超えても処罰はされません。この間のことをグレーゾーンと呼んでいます。

過払い金請求ということは、今までグレーゾーンの範囲で支払い続けた分を利息制限法に引き直して見直し計算をして、払いすぎた分を返還してもらうことです。どんな場合に過払い金が発生しているかということは、取引開始からの年数によって決まります。

5年以上取引がある場合は、過払いしている可能性が高いと思われます。また、完済してから10年を経過すると過払い請求の権利が無くなってしまいます。

そこで思い当たる場合は、すぐにでも過払い金請求をした方がよいでしょう。本人でも過払い金請求はできますが、弁護士や司法書士に依頼することの方が間違いなく請求ができそうです。

請求にあたってのメリットもあります。

メリットとしては、今まで過払いしてきた利息の分を借入の残額に充当して、借金の残額が減少するということです。もし既に完済していた場合は、過払い金を返還してもらえます。この方法も、裁判所を通すことはないので、官報などへの記載はありません。

デメリットとしては、過払い金請求をしたからブラックになる!などは、ありません。なのでデメリットは、ありません。この点を踏まえておけば、過払い金請求をすることは、正当な権利ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!