任意整理のメリット・デメリットとは?

「任意整理」という言葉を聞くと凄く難しいことのように聞こえてきます。

借金の返済をしていたけど、なかなか資金繰りが上手くいかず、行き詰ってしまうことはよくあります。そこで、なんとか借金問題を改善したいという方法が、債務整理ということになります。

では債務整理には、どのような方法があるでしょうか?

  • 自己破産
  • 個人民事再生
  • 任意整理
  • 特定調停

の4つの方法があります。このなかで、自己破産・個人民事再生は裁判所を通すこととなります。
裁判所が、債務者と債権者との間に立ち法的に決められるものです。

任意整理は、相手の金融業者との取引を当初まで遡って、初めの時点からの利息を利息制限法にのっとって、上限金利を15?20%として再計算し見直します。

その時に算出された過払いとなっている利息分を元金に充当し減額し、その上で減額された元金を分割で完済するという「和解」を相手の金融業者と契約するというものです。

任意整理の和解交渉は、弁護士や司法書士でなければ交渉ができません。個人で行うことも可能ですが、契約書・領収書などの書類の収集や利息制限法の利率での見直し計算などは、なかなか難しいものです。債務者は、弁護士や司法書士を代理人として依頼する方が安全ですね。

任意整理のメリットとして、利息制限法により取引当初からの利息を再計算し直します。

もし過払い金が発生していた場合は、その過払い分を返済する元金の残金に充当できるので、その後の元金は減少します。また、ここから先の金利がゼロとなり、その結果、これから返済する借金の総額が減少します。

任意整理を弁護士に相談し、弁護士が受理すると督促してきた金融業者へ、督促のストップがかけられます。その時点から債務者は、督促の電話や郵便物に悩まされることはありません。

「自己破産」は、裁判所を通すので、官報には当然記載されますが、任意整理はその心配はありません。弁護士や司法書士を代理人として、業者との交渉をするので、裁判所に提出する書類もありませんので、名前が漏れるということはありません。

自己破産をすると、これから就く仕事の職種の規制がありますが、任意整理は全く規制はされません。任意整理は、借金の全てを整理するものではなく、車を残したいと思ったら車の任意整理は対象から外すことができ手元に残せます。

業者と和解し、今後約3年間で残った借金を返済していくということが任意整理の特徴であり、メリットといえます。

任意整理のデメリットとしては、自己破産は借金そのものがゼロとなり、これから先の支払い義務が無くなるのに対して、任意整理は、あくまでも金利を修正して元金を減額し、返済を続けることです。

裁判所の官報には記載されませんが、個人の信用情報機関には登録されてしまいます。そのため、新たにカードを作成することや、ローンを組むことは少なくても5年?7年間ぐらいは、できなくなります。

また、すでに借金をしている場合は、上限枠が規制されたり、クレジットカードの利用も規制されることがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!